新ビオフェルミンsは赤ちゃんの便秘に効く?幼児への飲ませ方
  • 赤ちゃんの便秘にも効果あるの?
  • そもそも赤ちゃんに使っても大丈夫?
  • できるだけ早く便秘を治してあげたい!

 

自分が便秘になったときにまず頭に浮かぶのが自宅の薬箱に保存している”ビオフェルミン“ですよね。

でもこのビオフェルミン、赤ちゃんに飲ませることはできるのでしょうか?

 

今回は『赤ちゃんの便秘にビオフェルミンは試していいのか』についてお話しします。

意外と体に優しいイメージのあるビオフェルミンですが赤ちゃんに飲ませるとなると注意点がいくつかあります

ビオフェルミンの安全性や使用上の注意、効能を確認してお子さんに試すかを決めていきましょう。

新ビオフェルミンは赤ちゃんの便秘に効果あり!ただ月齢と添加物には細心の注意を!

おむつ

結論から言うとビオフェルミンは赤ちゃんの便秘に効果が期待できます。ただ注意点があります。それが月齢添加物になります。

ビオフェルミンのシリーズにはビオフェルミン便秘薬や新ビオフェルミンS錠などさまざまな種類があります。でもその中で赤ちゃんでも飲めるタイプは『新ビオフェルミンS細粒』のみ

 

さらに新ビオフェルミンS細粒は”生後3か月後”からの服用を認めています。なので、もし生後3か月未満の場合は試せるビオフェルミンはなし。別の方法で便秘を解消してあげる必要があります。

次の添加物も注意が必要です。生後3か月を過ぎていたら新ビオフェルミンS細粒は試せますが実はこの商品、添加物が含まれているんです。

新ビオフェルミンS細粒の添加物

トウモロコシデンプン、デキストリン、アメ粉、沈降炭酸カルシウム

引用元 ビオフェルミン製薬の公式サイト

この添加物が副作用となるわけではありません。でも幼児というデリケートな時期に添加物が含まれている飲ませるのは抵抗がありますよね。

  1. 生後3か月未満は服用できない
  2. 添加物が含まれている

 

このようにドラックストアなど市販で手軽に買うことができ、私達にも親しみのあるビオフェルミンですが赤ちゃんへの服用となると、月齢と添加物がネックになります。

 

もし生後3か月未満の便秘に悩んでいたり添加物への抵抗があるならオリゴ糖で便秘にアプローチした方が安全ですね。腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖を摂ることで腸内環境を整え便秘を解消していく方法です。

ただ市販のシロップ状のオリゴ糖はダメ。市販のオリゴ糖は調理用ですし添加物が含まれています。中にはハチミツが入っている商品もあるのでシロップ状のオリゴ糖は気軽に試せません。

参考⇒生後3カ月未満の便秘に!赤ちゃんにも安心なオリゴ糖はコチラ

新ビオフェルミンの成分は?赤ちゃんへ期待できる効能

ビオフェルミンのパッケージの裏面

『生後3か月を過ぎているし添加物が入っていてもいい』という場合は新ビオフェルミンS細粒を試す価値があります。成分からどう便秘に聞くかを見ていきましょう。

■ 新ビオフェルミンS細粒の効果

  • 整腸(便通を整える)
  • 軟便
  • 便秘
  • 腹部膨満感(お腹の張り)

 

■新ビオフェルミンS細粒の成分

  • コンク・ビフィズス菌末…大腸にすみつき、乳酸と酢酸をつくり、整腸効果をたかめる
  • コンク・フェーカリス菌末…小腸にすみつき、すばやく増えて腸内菌叢を整える
  • コンク・アシドフィルス菌末…小腸にすみつき、乳酸をつくり有害菌を抑える

 

このように便秘だけに効くというよりはお腹全体の不調を改善するという働きがあります。腸まで届く乳酸菌を飲むことで腸の善玉菌を増やし腸内環境を整えて快便に向かう。便秘薬というより整腸剤ですね。

なので便秘にもなるし軟便にもなる。お腹にガスで溜まってるという場合は新ビオフェルミンS細粒は効果を発揮します。逆に”便秘だけ”に悩んでるなら整腸効果だけでは物足りないでしょう

 

例えば整腸作用以外にも食物繊維が含まれている便秘薬があると助かります。食物繊維は便のカサになったり、詰まったウンチをスルッと出しやすくする働きがあるので便秘だけでなく硬い便の悩みも解決してくれます。だから新ビオフェルミンS細粒を摂るなら離乳食で食物繊維も同時に摂る必要があります。

赤ちゃんへのビオフェルミンの飲ませ方!

オリゴ糖

新ビオフェルミンS細粒は名前の通り粉末タイプです。錠剤ではないので赤ちゃんでも飲めるのですがいつでもいいというわけではありません。ビオフェルミンS細粒の飲ませ方を見ていきましょう。

新ビオフェルミンS細粒の飲ませ方

  • 服用回数…1日3回
  • 1回の服用量…1/3g(生後3か月~4歳まで)
  • 飲ませ方…そのまま舐めさせる
    または、少量の水に混ぜて飲ませる
  • 効き目は3日から1週間程度を目安に見る

 

“水なしで舐めさせる””水に混ぜて飲ませる”

↑このように公式サイトで書いてありますが、これができたら苦労しません。新ビオフェルミンS細粒は赤ちゃんでも飲めるだけで赤ちゃん用には作られていません。だから味はマズいです。(普通の薬の味ですし)

だから赤ちゃんに飲ませようとしても嫌がったり吐き出したりして食べてくれない可能性があります。1日3回、飲ませるたびに嫌がって泣き出す姿を見るのも母親として辛いですよね。

 

あともう一つ問題点があります。それが食後に飲ませる必要があること。…というのも乳酸菌は空腹時だと胃酸に影響を受けてしまうんです。だから乳酸菌は食後に摂るのが理想。でもこれも難しいんですよね。

大人なら便秘で気持ち悪かったり食欲がなくても薬を飲むためには無理してでも何かを口に入れることができます。でも赤ちゃんは違いますよね。「食べたくないから食べない」と感情を素直に行動に出します。

このように『効果を発揮できる飲み方ができない』というのも新ビオフェルミンS細粒のデメリットと言えます。

【今回のまとめ】

  • 細粒なら生後3か月から試せる
  • ただ添加物が含まれている
  • 便秘解消というより整腸効果(お腹の調子を整える)
  • 赤ちゃんが飲みたがらない、嫌がる可能性がある

 

生後3か月を過ぎていている、添加物も一切気にしない、整腸作用だけで全然構わない、うちの子は薬の粉末も食べるというなら新ビオフェルミンS細粒を試すのもいいかもしれません。

ただ今回の話を聞いて少しでも違和感を感じたのなら別の方法で赤ちゃんの便秘を解決してあげることも検討すべきです。

 

代表的なのがオリゴ糖とかですね。特に粉末タイプのオリゴ糖なら”ほんのり甘味”がありミルクにも離乳食にもすぐ溶けるので赤ちゃんも嫌がらずに食べてくれます。

例えば雑誌の”たまごクラブ”で紹介されていたカイテキオリゴとかオススメです。日本産で純度が高く生後まもない赤ちゃんにも安心して飲ませられます。

 

それに水溶性食物繊維が含まれているので肛門付近の詰まった便をスルッと出す働きもあるので赤ちゃんの”いきんでも出ない”という症状も解消できます。先輩ママさんも一足先に試して高評価ですよ↓

超便秘のムスメに。
今10ヵ月のムスメ。便秘治療を始めたのは4ヵ月位から。
病院で貰う薬も、始めはビオフェルミン→ラクツロース→ラキソベロン→アローゼン…結果あまりスムーズに出てこなく、結局最終手段浣腸(>_<)
何か無いかと色々調べて、このオリゴ糖にたどり着きました。あげはじめて3日目自然に出ました(o^∀^o)今まで何だったのって位に。食品だしこれなら安心して毎日飲ませられるし、大満足です。
これからもリピします。ホントにありがとうございます♪

凄い!!!!!!!

あと少しで4ヶ月の娘が2ヶ月頃から便秘で病院に通い浣腸やラキソで排便を促していました。流石にラキソは可哀想なので試しに購入。届いて直ぐに飲ませて次の日に排便があり、その次の日も排便がありました!母乳で私も便秘気味なので飲みました。私にも効果バッチリでした!!本当に買って良かったと大満足です。無くなったらリピート確定です!

ドッサリ出ました

生後8ヵ月の息子の為購入しました。離乳食を始めてから便秘気味になり始め、2回食になってからは便が硬くなりだしました。病院で下剤も処方されましたが効果無し。綿棒浣腸で泣き叫ぶ息子がかわいそうで仕方なく、何か良い方法はないものかと調べていたところ、こちらのカイテキオリゴを見つけ、試してみました。
するとその日の夜頑張ってきばっている息子。硬くなる前の柔らかめな便がオムツにドッサリ出ていました。久しぶりに痛がる様子もなくスッキリドッサリ出た便を見て感動しました笑 こんなにも早く効果が出て本当に嬉しいです。これからも様子を見ながら与えていきたいと思います。ありがとうございます。

こんな赤ちゃんの便秘にオススメ

  • 生後3カ月未満の便秘に悩んでいる
  • 離乳食が始まってから便秘になった
  • 安全な食品で便秘を解消したい
  • 便が硬いことでも悩んでいる

 

今なら公式サイトでお試しコースを選べば返金保証がありますよ

公式サイト⇒赤ちゃんの便秘に!カイテキオリゴのお試しコースはコチラ(返金保証付き)

『カイテキオリゴ』

またこちらの記事ではカイテキオリゴの口コミや体験談、離乳食へのアレンジを載せています。

詳しくはコチラ⇒カイテキオリゴが赤ちゃんの便秘に効果があるか、口コミや体験談で検証してみた