子供(2歳~3歳)のうんちが固い!便が詰まり出ない時の効果的な出し方

子供が痛がって大泣き!!

我が子のトイレタイム。

でも便が固くて全然、出そうにない。

泣きながら出してもコロコロした固いうんち。

そんな子供の詰まった便をスッキリ楽に出す方法をお話しします!

今回の授業は『子供のウンチの出し方』

硬く栓のように詰まったウンチ。

それをスルッと出しやすくする方法をお話しします。

お子さん(2歳から3歳)がトレイを怖がっているなら、今から話す内容を試してください。

子供のウンチが硬い!出口で詰まった固いウンチを出す3つの方法!

ウンチが固くて困る

出そうで出ない、そんな時に親が出来る対応は全部で3つ。

なるべく痛みを感じさせずに、 スルッと出やすくなる方法からお話しします。

負担が軽い順番になっているので、1つ目の手順から試してあげてください。

手順① シャワーをお尻に当てて便を出やすくしてあげる

まず最初にオススメなのはお尻にシャワーを当てること。

ぬるま湯から初めて、お子さんが「温かい」と思う温度まで上げます。

その後はノズルを動かしながら、便が詰まった肛門に当てていきましょう。

「ウォシュレットでもいいじゃん!」…と思うかもしれませんが

ウォシュレットは水圧が強くて、 子供が嫌がる可能性があります。

しかも温度調節や水圧の微調整が出来ないので、お風呂場まで移動してシャワーを当てた方が良いですよ。

効果としてはお尻を温めることで、肛門周りの筋肉がほぐれ排便時の痛みが軽くなります。

また肛門付近の詰まった便が水分で少しだけ柔らかくなる

その分、スルッと出やすくなるんですね。

直前まではウンチが出てたり、一部は肛門から出てる状態なら便自体を柔らかくすることができます。

シャワーはお子さんへの負担が軽いので、まずこれから試してあげてください。

手順② 熱めのお湯をお尻に付けて、さらにほぐす

シャワーでダメなら、次はお湯に直接、浸かります。

浴槽だと汚れる可能性があるので、桶にお湯を入れてそこにお尻を浸けてあげましょう。

シャワーよりも少しだけ熱い温度でお尻をマッサージしながらお湯に浸けます

シャワーよりも便が柔らかくなりやすいし、肛門も緩くなりやすいのが特徴ですね。

少し手間はかかりますが、これも子供への負担が少ないウンチの出させ方です。

手順③ 綿棒で肛門周りをコチョコチョ刺激する

シャワーでもお湯でも出ないなら、最後にオススメな方法が綿棒

綿棒浣腸という方法を、より優しくアレンジした出させ方です。

まずは綿棒で皮膚が傷つかない様に、ワセリンやベビーオイルを塗ります。

そのあと肛門をコショコショしたり、 1cmほど入れて肛門を広げます。

子供は痛みがあると、キュッと肛門を閉じちゃうので力任せにホジホジしないのがコツ。

(苦痛を感じさせてしまうと 次からメチャクチャ嫌がるので注意)

【注意】子供のウンチが硬くなりやすいなら食事でスッキリ解決!

お味噌汁を飲む女の子
  • 便が詰まるのは今回が初めてじゃない
  • うちの子のウンチがいつも固い

こういう状態なら食生活の工夫で、根本的な解決を目指した方がいいです。

…ただそうはいっても、子供も2歳を過ぎると好き嫌いをしたりお菓子を食べたり偏食になりがちですよね?

食生活を見直したくても作った料理を食べてくれないなら意味ナシ。

そこで効果的なのが、オリゴ糖をお子さんの好きな料理に入れること

善玉菌であるビフィズス菌のエサになるオリゴ糖を含んだ料理を食べる。

これで腸内環境を整え便秘を解消することができます。

ただオリゴ糖なら何でもいいわけじゃありません。

市販でよく見る添加物の入ったシロップ状のオリゴ糖は体に優しくないので論外

繊細な子供の身体に合っている高純度のオリゴ糖を選びましょう。

例えばカイテキオリゴとかですね。

妊娠中でも赤ちゃんでも食べれる日本一、売れてる粉末タイプのオリゴ糖です。

粉末タイプなので麦茶に入れるなど、お子さんも問題なくオリゴ糖を摂れます。

もしお子さんの便が詰まりやすいならカイテキオリゴを普段の料理に入れてお子さんをトイレの悩みから解放させてあげましょう。

公式⇒子供にも安心して使える!カイテキオリゴの詳細はコチラ

【最終手段】子供の便が硬くて何をしても出ないときは病院で浣腸してもらう

医者に問診される

今、詰まってる便を出すために①シャワー、②お湯、③綿棒を使う。

そして、よくウンチが詰まるならオリゴ糖で解決していくことをお話ししました。

でも、それでも出ないときに最終手段として便を出す方法があります。

それが子供用の浣腸

子供は嫌がり泣きますが最後に残された強制的に出す方法です。

実際に浣腸するとなったらドラックストアに売ってる子供用の浣腸を使ってあげましょう。

もし自分で浣腸することに不安があるなら小児科の先生でやってくれる病院を探します。

ただやっぱり浣腸に関してはお子さんへの負担が大きいし 根本的な解決にはなっていません。

なので普段からカイテキオリゴを摂っておくこと。

それでも出なかった場合にはシャワーやお湯、綿棒の順番でお子さんの排便を助けてあげること。

これを意識した方が肉体的にも精神的にもお子さんの負担は軽いですね。

今回は子供が便秘のせいで便を詰まらせて出せなくなった時の出し方をお話ししました。

トイレで怖がっちゃうと 我慢してどんどん便も固くなります。

今日からお子さんがスルっとウンチが出やすい工夫に取り組んでみては?

参考⇒わが子のウンチが固くて出ないなら!スルッと出るオリゴ糖はコチラ

『カイテキオリゴ』