離乳食初期に赤ちゃんが便秘に!生後5か月~6カ月の便秘対策
  • うちの子、離乳食を始めたら急に便秘に!
  • 排便が辛そうで機嫌も悪くてぐずる
  • 何とかして便秘を治してあげたい!

生まれてから半年ほどたち「そろそろかな」と離乳食を始めた。

すると突然、赤ちゃんが便秘になった!

  • 離乳食も中断した方が良いのかな
  • 私が作った離乳食に問題があるのかな

このように不安になってしまうのも仕方ありません。

確かに離乳食を始める時期(生後半年)は排便のペースが落ちるのはよくあること。

もちろん3,4日の間隔で便がスムーズに出て、お子さんも食欲があってご機嫌なら問題ありません。

ただ便が硬い状態が続くなら便秘を解決させてあげたいですよね?

今回は離乳食初期におこる赤ちゃんの便秘の原因と解決法について。

なぜ便秘になってしまったのか?

その3つの理由と対策を見ていきます。

① 離乳食開始で便秘になったら水分不足が原因?便が硬いなら母乳をあげる

赤ちゃんが喉を乾いた
  • 赤ちゃんの便がカチカチ
  • コロコロうんちが出てくる
  • いきんでるけど出ない
  • おしっこの量が減っちゃった

赤ちゃんが、このような状態なら水分不足(母乳不足)かを確認します。

特に離乳食の初期は母乳やミルクの量が減って便の水分量が足りず固くなりやすい時期。

便が固くなってしまうとその分、踏ん張っても出ずに便秘になります。

なので離乳食初期の段階では母乳やミルクは赤ちゃんが欲しがるだけ与えてあげましょう。

あと外出したり入浴後は赤ちゃんも汗をかいちゃうので、白湯や麦茶をあげると水分不足を解消できます。

白湯や麦茶にオリゴ糖を加えてあげたり、水分量が多い食材を離乳食を作るのも効果的ですよ。

(この2つについては次のお話しします。)

② レシピを見直して離乳食による便秘を防ぐ!食物繊維と水分量の多い食材に注目

赤ちゃんが手でご飯をペロリ

次は離乳食の内容を見ていきます。

この時期は赤ちゃんも消化力が弱い。

だから食材選びや料理の一工夫で消化を助けてあげましょう。

まず食材選びについてですが離乳食向きで便秘解消にも役立つ食材は食物繊維を含み水分量が多いもの。

具体的にはバナナリンゴなどの果物、サツマイモカボチャなどの野菜ですね。

赤ちゃんの消化の負担を軽くするためにこれらの食材をすりつぶしたりスープにしてあげるとGOOD♪

もし牛乳アレルギーでないなら果物をプレーンヨーグルトに混ぜるのもおすすめ。

さらに今の時期は母乳が減って、母乳から摂れるオリゴ糖も減ります。

なのでジュースやヨーグルトにオリゴ糖を入れることも検討しましょう。

このように食材選びも大切ですが、食事の時間帯を一定にすることも同じくらい大事。

食事の時間帯を毎日一定にしてあげると生活リズムができて排便のリズムも整います。

(2回食なら10時に1回目、14時に2回目など)

このように食材選びと食事の一工夫がポイント。

離乳食の初期に起こりやすい赤ちゃんの便秘を解決していきましょう。

③ 飲み物や離乳食にオリゴ糖を入れてスルッと便を出してあげる

オリゴ糖

先ほど水分補給や離乳食のときにオリゴ糖の話をチラっとしました。

なぜオリゴ糖を入れた方がいいかというと、赤ちゃんが離乳食を始める時期が関係しています。

この時期は母乳から摂れるオリゴ糖の量が減りやすいんですね。

オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなり腸内のビフィズス菌を増やす働きがあります。

ただオリゴ糖が減ると、赤ちゃんの腸内のビフィズス菌も減少。

このように摂取するオリゴ糖が減ると赤ちゃんの腸内のビフィズス菌も減ります。

結果的に便秘やコロコロうんちになってしまうんですね。

このオリゴ糖不足も水分不足や食材と同じく離乳食初期の便秘の原因と言えます。

だから減った分のオリゴ糖を 白湯や麦茶、離乳食に入れてあげると 便秘の解消の手助けになるんですよね。

でも”オリゴ糖なら何でもいい”というわけではありません。

例えばドラックストアやスーパーにあるシロップ状のオリゴ糖は人工甘味料や添加物が入っているタイプが多い。

添加物が入っているものを自分の子供に与えるのは抵抗がありますよね?

(これならオリゴ糖はあげずに他の便秘解消法を考えた方がいいくらいです。)

だから赤ちゃんにあげるオリゴ糖は天然の高純度のオリゴ糖かを基準にしましょう。

赤ちゃんに安心して食べてもらえる添加物の入っていないオリゴ糖だと例えばカイテキオリゴという商品があります。

カイテキオリゴはたまごくらぶでも紹介されていて 多くのお母さんに支持されています。

なのですでに、あなたも知っているかもしれません。

参考⇒“たまごクラブ”にも載ったカイテキオリゴの詳細はこちら

カイテキオリゴは他の商品と違って複数のオリゴ糖を組み合わせています。

なので腸内のビフィズス菌も増えやすいという効果があるんですね。

あなたより一足先に試した先輩ママさんの口コミや体験談を見ると…

5ヶ月から離乳食を始めてからお通じがカチコチになった8ヶ月の娘。
最近ではお通じをするのに、半分泣きながらいきんでおり、
マルツエキスやマッサージ、自転車こぎ運動を試しましたがほとんど効果が出ず。

オリゴ糖も、シロップタイプの物を考えてましたが、あまり小さなうちから甘いものを与えたくなかったのでこちらの粉末タイプにしました。

朝離乳食の時に1gあげて、お昼前には柔らかいお通じが。
うちの娘には合っていたようです。

自分も試してみましたが、数時間で効き目がありました。
娘には、1gでも結構効き目があるので量を減らして毎日あげています。
ほんのりとした甘さで何にでも合うと思います。

離乳食が進むとともに便秘にもなり…固くなりすぎて切れ痔になり、可哀想な思いをさせてしまったのをきっかけになんとかしないと…との思いで購入しました。1gから初めましたが、4.5日目で出るようになりました!毎日は出ていませんが、2.3日にドカッと出るようになり安心しました!これからも続けたいと思います♪

離乳食が3回になったあたりからだんだん便秘がひどくなった1歳の娘。
がんばっていきんでも出なくて泣くし、出たら出たで痛くて泣く状態。
ありとあらゆることをしても改善されず、どうしたものかとホトホト困り果てた時にこの商品を見つけてとりあえず試してみようと購入しました。
娘には効果があったようで翌日から毎日ウンチが出始め、1日2~3回も出る時も!最近はうんちで泣くことはほとんどなくなり、この商品に出会えてホントによかったと思っています。
今はヨーグルトに混ぜて食べさせていますが味は変わらなく溶けもいいので嫌がらず(気づかず?)食べてくれています。

ちなみに公式サイトから買うと返金保証もあります。

楽天やAmazonより安く買えるので財布に優しいですよ♪

公式⇒離乳食初期にも使える!カイテキオリゴの詳細はコチラ

離乳食を始めたせいで便秘になったからと言って、離乳食を辞める必要はありません。

赤ちゃんは体が大きくなるにつれて母乳(ミルク)以外の栄養も必要。

離乳食は成長にはかかせないステップです。

ただ便秘で辛そうにしているなら、以下の3つを意識しましょう。

①水分補給、②食材選び、③オリゴ糖

この3つを意識してお子さんの排便を助けてあげませんか?

▼赤ちゃんへのオリゴ糖はコチラ(返金保証付き)▼

『カイテキオリゴ』